ビヒダスbb536を飲むタイミングは?

悪玉菌を抑えるのに効果的と言われているヴィフィズす菌BB536が手軽に取れるように作られたサプリメント「ビヒダスbb536」。飲むタイミングが気になる方もいるかと思います。

公式サイトでは、「いつ食べたらいいですか?」の質問に対して次のように回答しています。

いつ食べていただいても構いません。
朝食の際など習慣にしやすいお好きなタイミングでお召しあがりください。

でも、せっかくなら、より、効果のあるタイミングで飲みたいですよね。

飲むタイミングによって、どのように効果に違いが出てくるのかを調べてみました。

ビヒダス bb536 飲む タイミング

食事後に飲むと効果が高い

公式では、いつ飲んでも変わらない、みたいな言い方をしていますが、もちろん、そんな事はありません。

実は、飲むタイミングとしては食後が最適です。

というのも、食後は胃酸が薄まるため、ビフィズス菌の成分が、溶かされることなく身体に吸収されやすいからです。

胃酸が食べ物を溶かす力は非常に強力なので、薬なんかも、食後に飲むように言われるのは、せっかくの成分が、胃酸に溶かされてしまわないようにするためです。

食物繊維やオリゴ糖と同時に取ると尚いい

人間はご飯を食べると元気になるように、ビフィズス菌もより活発に活動するにはエネルギー源が必要になります。

ビフィズス菌にとってのエネルギー源は、食物繊維とオリゴ糖です。

つまり、ビフィズス菌を取るタイミングで、食物繊維やオリゴ糖をたべることで、ビフィズス菌の働きをより活発にすることができます。

オリゴ糖が含まれている食品は

大豆などの豆類・たまねぎ・ ねぎ・ごぼう・にんにく・アスパラガス・ブロッコリー・カリフラワー・アボカド・バナナなど

食物繊維が含まれている食品は野菜全般です。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。