ベルミスの着圧は弱い?強い?強さについて徹底分析してみました

ベルミスの着圧は弱い?強い?強さについて徹底分析してみました ボディケア

ベルミスの着圧は弱い?強い?強さについて徹底分析してみました 1

履いてるだけで足が細くなると評判で、リピートでの購入率も高く、注文が殺到して追加生産も追いつかないこともあるほど人気の着圧タイツである「ベルミス」

今、いろいろなタイプの着圧タイツがある中、着圧の強さが気になる人も多いかと思います。

とくに、ベルミスの着圧が弱い、という口コミを目にすると、なおさら気になるかと思います。

実際に、ベルミスの着圧は弱いのか?そこに迫っていきたいと思います。

【ベルミス公式販売サイトはこちら】
(キャンペーン価格でお得に購入できます)
>>履いた瞬間から魅せる脚 ベルミス<<

類似商品の中でもベルミスの着圧はトップレベル

今、着圧タイプのタイツはとても人気で、たくさんの商品が発売されています。

その中でも、特に売れているのが、次の十種類です。

  • ベルミススリムタイツ
  • グラマラスパッツ
  • メディレギンスW+
  • スリミューズ
  • フラミンゴレギンス
  • イージースリムレッグ
  • メディキュット
  • スリムウォーク
  • 脚やせ着圧レギンスプラスワンポイント!
  • 着圧レギンスで脚やせ♡

このような多くの類似商品は、それぞれのサイズの違いとかもあるため、着圧具合の強い弱を比較するのは、とてもむずかしいですが、

こうした着圧タイツの着圧具合を、このなかで、いろいろと口コミを見比べてみても、ベルミススリムタイツが特別に着圧が弱い、というわけでもないようです。

ベルミスの着圧は弱い?という口コミに関して

思ったほど、締めつけ感がなかくて、なんか物足りない感じ。でも、こんなもんなんでしょうか。ベルミスの口コミ30代会社員

口コミの中には、たしかにベルミスの着圧が弱いという人もいます。その口コミをした人に直接聞いたわけではないので、詳細や原因は不明ですが、いろいろな口コミを総合して考えると、適正なサイズを使っていないだけのようです。

サイズは主に、足の長さによって決められていますが、あしの長さは同じでも、足の細さ、太さは人それぞれです。

同じサイズで、同じ身長で、同じサイズのタイツを履いたとしても、足が太い人は、当然ながら、着圧が強いと感じるでしょうし、また、足が細い人は、着圧が弱いと感じるでしょう。

よって、ベルミスのタイツが、特別、他のタイツよりも、着圧が弱いというわけではないのです。

ベルミスの着圧が弱いくてもいい理由

仮に、ベルミスの着圧が、他社と比べて弱いと感じたとしても、イコールベルミスの着圧タイツの着圧が弱いというわけでもないのです。

というのも、ベルミスはベルミスは全体的に加圧するのではなく、必要な部分だけを加圧するような、部分加圧になっています。

つまり、膝など、加圧が必要ない部分などは、加圧せず、ふくらはぎやももなど、加圧によって足を細く見せることができる部分、加圧によって脚やせ効果が期待できる部分のみを、加圧するようになっています。

そのため、着圧が弱いと感じていても、実は、十分に加圧されていることが多いのです。

さらに、ベルミスは、ゴムが6つの方向から引き上げるように編み込まれたスパイラル構造になっているので、他社の、ただ加圧しているものとは、効果が自ずと変わってきます。

着圧タイツの締め付けが強すぎるのはNG

着圧は強いほうが、効果があるのは確かです。

しかしながら、実際に強い着圧のタイツを履けばわかるのですが、圧が強すぎると、日常生活に支障をきたすようになってきます。

強すぎる着圧レギンスは、大きく分けて次の3つの副作用があると言われています。

  • 強化圧によるうっ血(動脈閉鎖)
  • 長時間着用によるかゆみやしびれ
  • 締め付けや汗による異臭の発生

 

具体的には、苦しくなるといった精神的なものならまだいいのですが、強すぎて痒くなったり、湿疹ができてしまったりします。

着圧が強すぎると、血流も悪くなるため、思わぬ健康被害も考えられます。

弱すぎる着圧では意味ありませんが、強すぎてもダメなのです。

まとめ

ベルミスの着圧タイツが弱いのでは?と心配しているとしたら、それは、全く心配に及びません。製品自体、他社のものと比べても、加圧のレベルはかなり高いほうです。

もしどうしても、弱いと感じて気になるようであれば、思い切って、下のサイズを選択するなどして対応してみるのがいいでしょう。

【ベルミス公式販売サイトはこちら】
(キャンペーン価格でお得に購入できます)
>>履いた瞬間から魅せる脚 ベルミス<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました