顔を脂肪吸引したときにダウンタイムで早く治すには?

顔を脂肪吸引したときにダウンタイムで早く治すことはできる? コスメ

顔の脂肪吸引をする場合、術後に内出血とかの症状が目立ってしまうのでは?と心配になるかと思います。

人にもよりますが、たしかに脂肪吸引後は様々な症状が出ます。そんな脂肪吸引後のケアのために開発されたのがDT、ダウンタイムです。

この脂肪吸引後のために開発されたクリーム、DT(ダウンタイム)ボディクリームを使うと、症状の緩和が大幅に短縮されると言われています。

顔を脂肪吸引したときにダウンタイムで早く治すことはできる?

ダウンタイムが短縮される理由

DTボディクリームは、脂肪吸引を1万例以上の施術を行ってきたクリニックのドクターにより開発されたものですので、術後にどのような症状が出るのか、その症状を緩和させるにはどうすればいいのかに熟知しているであろうことは容易に想像できるでしょう。

顔の脂肪吸引後に問題になってくるのは、特に、見た目に影響のある、顔の筋肉のこわばり、むくみ、内出血などで、何もしなくても通常三ヶ月もすれば、症状は自然に収まると言います。

それを適切なケアをすることで、より早く症状を抑えることができるそうです。

その手助けになるのが、このDTボディケアクリームです。

早く治るメカニズム

脂肪吸引することによって、皮膚の下の組織は大きなダメージを受けると言います。

今まで皮膚の下にあった脂肪が突然取り除かれてしまうためです。これによって、痛みはもちろん、内出血やむくみ、そして拘縮などが起こります。

皮下脂肪が取り除かれた皮膚が定着していくにつれて、痛みやこうした症状は薄れていきます。

DTボディケアクリームは、こうした症状に有効な500種類以上の成分が含まれているそうなので、これを塗り込んでいくことで、回復が早まるというわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました