ルルクシェル・バストクリームの使い方♪塗り方でバストアップ効果も変わってきます

ルルクシェル・バストクリームの使い方、 1 ボディケア

ルルクシェル・バストクリームの使い方、 1

出産後にバストの形が崩れて悩んでいる人たちに好評な、ルルクシェルのバストクリーム。ハリUPするための成分が含まれていますが、その塗り方を気をつけるだけで、その効果もだいぶ変わってきます。

バストアップは乳腺を刺激することで、その周りに脂肪がつくようになり、バストアップするという仕組みになっています。

ルルクシェルのクリームには、乳腺に働きかける成分や、バストの脂肪が増えやすい成分が含まれているので、そうしたことを分かった上で、うまく使いこなしたいものです。

いまから、バストアップ効果を最大限引き出す塗り方を説明いたします。

【ルルクシェルバストアップクリームの公式販売サイトはこちら】
1100円引き&送料無料でお得に購入できます
>> 【公式】ルルクシェル・バストアップクリーム <<

効果的な塗るタイミングは?

ルルクシェルを塗るタイミングですが、バストの皮膚の表面が清潔で、血液の流れが活発なときに塗るのがおすすめです。

血流が活発だと、成分がバストアップの鍵を握る乳腺や、その周りの脂肪に浸透しやすく、また成分が血液に吸収されることで、隅々まで行き渡るからです。

では、具体的に日常でどのようなタイミングがいいのでしょうか?

一番いいとされているのは、お風呂上がりです。

お風呂上がりにクリームを塗る際、その前後に、バストマッサージをすると更に効果的でしょう。

ルルクシェルを購入すると、バストマッサージの方法もついてきますので、そのバストマッサージを参考に、バストマッサージをしながら塗るのが良いでしょう。

使用頻度と量、毎日欠かさず長く続ける

使用頻度は一日一度、塗る量は、五百円玉くらいの大きさの量です。

たくさん塗れば、より早く効果が出るのでは?よりバストが大きくなるのでは?と思うかもしれませんが、決してそんな事はありません。

というのも、人間の身体は一日に養分を摂取できる量に限界があり、その限界を超えた量を超えると、どんな養分も吸収されることなく、排出されてしまうからです。

また、人間の身体の性質を考えると、塗ってすぐに効果は期待できません。成分が身体に浸透して、実際のバストアップとしての効果として現れるまでには、一ヶ月はかかります。しかし、一ヶ月続けることによって、身体はバストアップするような身体に体質改善されていきますので、その効果はずっと続くことになります。

一度に塗る量を増やすよりも、毎日こつこつと、長く塗り続けることのほうが、効果を出す上で重要です。

ルルクシェルの効果を最大限引き出すには、一日一回、決められた量を塗り、

 

塗る手順は、下から上に、外から内に

塗る手順ですが、まずクリームを手のひらに伸ばし、バストを持ち上げるように支えて、下から上に向かて塗ります。

バストは年を取るにつれて、上からしたに垂れ下がっていきますので、下から上に向かって塗ることで、重力と相まって、クリームがよりバストに刷り込まれるようになると同時に、バストを支える筋肉や、脂肪に適度な刺激を与えることができます。

また、下から上に向かって塗る際に、外側から内側に向かって塗るように意識しましょう。

まとめ

ルルクシェルクリームは、バストアップに有効とされている成分がたくさん含まれていますので、正しい塗り方を実践することで、その効果を実感することができるでしょう。

ぜひここでの、正しい塗り方を参考に、あなたのバストアップに役立ててください。

【ルルクシェルバストアップクリームの公式販売サイトはこちら】
1100円引き&送料無料でお得に購入できます
>> 【公式】ルルクシェル・バストアップクリーム <<

コメント

タイトルとURLをコピーしました