レナセル美容液の使い方!

若い時であれば誰でも持っていた人間の本来の肌の美しさを取り戻すようにと作られたのが、このレナセルの美容液。

様々な成分が配合されているので、これらの特性に応じて、正しく使うことによって、効果が倍増します。

ここでは、どうすればより、効果を早く確実に実感できるのか、その正しい使い方を解説します。

レナセル美容液の使い方

使用前に肌の表面の汚れを落とす

まず、レナセルを使用する前に洗顔をしましょう。汚れがお肌についていると、せっかくの美容成分が、汚れにブロックされて、お肌に浸透しにくくなり、効果が半減してしまいます。

特にこのレナセルで使用されている、ヒト幹細胞培養液は、非常に高価なものですので、お肌に塗ったときに、無駄にならないように、お肌の汚れを落としてピカピカにしましょう。

マッサージをして血液の流れを良くする

お肌の汚れを落としたあとに、お肌の血液の流れを活発にしましょう。美容液は血管に浸透することで、成分がお肌に取り込まれていくためです。

マッサージといっても、大げさなものではなく、お肌がすこし暖かくなるくらいまで、お肌をさすったり、タッピングなどをするといった程度で十分です。

手のひらで美容液を温める

美容液を手のひらに数滴垂らしたあとに、顔に塗る前に、手のひらの上にすこしおいておいて、温めるようにします。

というのも、美容液の温度が低いよりも、高いほうが、より、肌に浸透しやすいからです。

顔全体になじませてハンドプレス

美容液を顔に塗るときは、まんべんなく全体に行き渡るように丁寧に、なじませます。

液がたれてこない程度になじませ終わったら、手のひらを顔に押し当てる、ハンドプレスをおこない、より早く、美容液が顔の皮膚に浸透されるようにします。

 

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。