スルスルむくみんの効果的な飲み方と飲むタイミングについて

スルスルむくみんの効果的な飲み方と飲むタイミングについて サプリメント

スルスルむくみんの効果的な飲み方と飲むタイミングについて

公式販売サイトでは、スルスルむくみんの飲み方に関しては、いつ飲んでもOKとしています。

しかし、配合されている成分の特性に合わせた飲み方をすることで、より効果を高めることができるでしょう。

ここでは、スルスルむくみんの配合成分を調べ、その特性に応じた飲み方を調べてみました。

スルスルむくみんの効果的な飲み方

スルスルむくみんを効果的に飲むにあたって、ポイントとなる主要な成分は5つ。ブッチャーズブルーム、ヒハツエキス、ハス胚芽エキス、月桃葉エキス、スターフルーツ葉エキスです。

スルスルむくみんの大部分は、この5つの成分で構成されています。では、これらのそれぞれの成分が、どのような効果があり、飲むにあたって、どのような特性があるのかを見ていきます。

ブッチャーズブルーム

地中海沿岸原産のユリ科の常緑小低木で、日本ではナギイカダと呼ばています。
ヨーロッパではハーブティーとして親しまれています。

その特性として利尿作用があるので、むくみを改善したり動脈硬化を予防する働きがあるといわれています。

そのため、一日中、座り仕事や立ち仕事の方の水分バランスを整えてくれる効果が期待できます。

気になる飲み方ですが、特に気をつけるようなこともありません。

ヒハツエキス

ヒハツは「島コショウ」などと呼ばれ、薬味や香辛料として使われています。
「ビペリン」という成分を含有し、ポカポカと体を整えます。

というのも、ヒハツの辛み成分のピぺリンには、エネルギーの代謝を上げる作用や、血管を拡張して血流を改善する働きがあり、各地の伝統医療で体の冷えやむくみを改善する目的で用いられてきました。

気になる飲み方ですが、特にタイミング等に成約はないようですが、一度にたくさん摂取すると、使っている薬剤の効果を弱めたり、胃腸を傷つけてしまうことがあるそうなので、摂取量には気をつけたほうがいいようです。

ハス胚芽エキス

レンコンが根であるハス。その実の殻を除いた微少部分がハス胚芽エキスです。
フラボノイド類を豊富に含み、キメ・ハリをサポートします。

ハス胚芽は、硬い殻に覆われているものの、胚芽のパワーはその殻を打ち破るほど強力なパワーなので、その栄養もかなりのものとされています。

気になる飲み方ですが、特に気にするべきことも無いようなので、自由に飲んでいいでしょう

月桃葉エキス

コラーゲンをサポートするといわれる化粧品や香水に使われる美容成分です。
薬草としても用いられ、みずみずしい美しさを支えます。

気になる飲み方ですが、長年特に問題も報告されておらず、自由に飲んでも大丈夫なようです。

スターフルーツ葉エキス

加齢による美容の悩みにアプローチし、内側からつややかさを支えます。
内側から美容を支える、業界注目の成分です。

気になる飲み方ですが、健康体の人が飲むのであれば、全く問題ないのですが、ひどい肝臓不全の人が飲む場合、シュウ酸が体内に残ることがあり、それが結石につながることがあると言います。

健康であれば、特に気にすることはないでしょう。

参考:農林水産省

まとめ

飲み方について、それぞれの成分をもとに調べてきましたが、一度に飲み過ぎなければ、特に飲むタイミングや飲み合わせなど気にすることもないようです。

効果を得るには、飲みすぎないことも大切ですが、継続して飲むことも大切なので、分量を守って、継続して飲むようにしましょう。

 

 

 

自由テキストスルスルむくみんの効果的な飲み方と飲むタイミングについて

コメント

タイトルとURLをコピーしました