どろあわわの白と黒の違い

どろあわわ 白 黒 違い 洗顔

どろあわわを購入しようとおもったら、くろあわわという商品もあって、気になった方も多いと思います。

しろあわわとくろあわわのどちらを買おうか迷っている方もいるかもしれません。

ここでは、「しろあわわ」と「くろあわわ」の違いを調べてみました。

どろあわわ 白 黒 違い

なぜ白と黒のどろあわわがあるのか?

どろあわわには、白と黒があります。正式には白い方は「どろあわわ」。黒い方は「くろあわわ」といいます。

もちろんどちらも同じ会社から販売されているものですが、もともと白い方のどろあわわが販売されていましたが、それから、さらに、洗い上がりのすっきり感を重視させて、パワーアップしたものを、くろあわわとして開発して、発売しています。

どろあわわの白と黒の違い

商品名 どろあわわ(白) くろあわわ(黒)
パッケージ どろあわわの白と黒の違い 1 どろあわわの白と黒の違い
実際の泡 どろあわわの白と黒の違い 2 どろあわわの白と黒の違い 3
金額 同じ 同じ
成分 ベビーコラーゲン、国産真珠液 泥炭、やし殻活性炭、植物性マンナン粒
機能 保湿重視 洗浄力重視
使い心地 しっとり さっぱり
金額 同じ 同じ

白と黒とでは、配合されている成分に違いがありますが、それによって、結局、保湿がより重視されているのか、それとも洗浄力が重視されているのか、そこが2つの大きな違いになっています。

それでは以下、よりその違いについて、深堀りしてみます。

どろあわわ(白)の成分について

保湿が重視されているどろあわわ(白)に配合されていて、黒にない成分は、ベビーコラーゲン、国産真珠液の2つです。では、具体的にこの2つの成分は、どのような性質、働きがあるのでしょうか。

ベビーコラーゲン

ベビーコラーゲンはヒト由来のコラーゲンで、美容では、皮膚の下の真皮層に注入することによって、皮膚の再生力を高めることができる効果が期待できるものとされています。

また、ヒト由来なので、動物由来のものと比べて、アレルギーの危険性も低く、安全性がよりたかい成分だと言われています。

国産真珠液

真珠エッセンスとも呼ばれ、正式な名称は「加水分解コンキオリン」です。コラーゲンともよく似ていますが、特に保湿効果が優れている成分です。シワやたるみなどのお肌の老化防止にも効果が期待できるものです。

 

くろあわわ(黒)の成分について

どろあわわ(白)の独自成分は、保湿の性質があるものが配合されていましたが、こちらのくろあわわ(黒)には、汚れを落とす働きがある成分が配合されています。

泥炭

泥はとても複雑な分子構造をしていて、特に汚れを寄せ付けます。つまり、かおの汚れなどを吸着させるので、洗浄効果が期待できます。

やし殻活性炭

これも泥炭によく似た働きがあり、分子量の大きな有機物の除去に効果を発揮します。表面積が大きいので、汚れの吸着に効果が期待できます。

植物性マンナン粒

表面に弾力があり、ソフトな感触。毛穴などよごれに優しく吸着して、汚れを除去する働きがあります。保水性もあるため、洗浄後のお肌に保湿効果を与えます。

タイプ別のおすすめ

では、どろあわわ(白)とくろあわわ(黒)は、具体的にどのような人におすすめなのか、タイプ別に見ていきましょう。

乾燥肌の人

乾燥肌の人は、まようことなくどろあわわ(白)の方を選びましょう。

冬に使用する場合

冬は大気が乾燥しやすい影響で、お肌もかさかさになりがち。そうであれば、まようことなく、どろあわわ(白)の方を選ぶのが正解です。

敏感肌の方

くろあわわ(黒)は、洗浄力を重視しているため、お肌が弱い方の場合は、よりマイルドなどろあわわ(白)の方が適しています。

ニキビなどお肌の汚れに悩んでいる人

くろあわわは、お肌の汚れを除去する働きのある成分を含んでいるので、お肌のよごれをきれいにしたい人はくろあわわ(黒)を選びましょう。

 

お得に購入できる公式販売サイトはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
健康コーポレーションのコスメシリーズ!どろあわわどろあわわの白と黒の違い

コメント

タイトルとURLをコピーしました