ジュメル (jumel) アイクリームの気になる効果は?

ジュメル アイクリーム 効果 スキンケア
ジュメル アイクリーム 効果

ジュメル アイクリーム 効果

■ジュメル(jumel)の公式販売サイトはこちら■
>> 目元とまつ毛の悩みを1本でトータルケア【jumel】ジュメル (jumel) アイクリームの気になる効果は? <<

 

まつげのボリュームで悩んでいる人は、特にまつ毛ケアと目元ケアが一緒に行えるオールインワンアイクリーム、ジュメルはおすすめです。

マツエクだって、結局はまつげがないとできないですからね。

まつげを増やしたい、まつげを太くしたいと思っている人には、ジュメルがどんな効果があるのか、気になると思います。

では、ジュメルはどんな効果があるのか?そしてどれほど効果があるのか?実際に使った人たちは、どんな効果を感じているのか?

きになるところを調べてみました。

ジュメルの効果について

ジュメルの効果は大きく分けると3つです。一つは、ジュメルの最大のウリとも言える幹細胞によるもの。しかしながら、この幹細胞の効果というのは多岐に渡ります。

もう一つは、まつげに直接働きかけ、発毛や育毛を促す効果。そしてもう一つが美容成分による効果です。

まつげが生える肌を蘇らせる効果

損傷した臓器や組織の自己再生能力を活性化させることで、失われた機能を回復させるというのが、再生医療ですが、そこで用いられるのが幹細胞です。

幹細胞はヒトの体のなかで、新陳代謝を司っているもので、幹細胞を元に、皮膚や、骨や、臓器や血液が作られます。

となれば、まつげの育成、発毛、またまつげが生える土台となる皮膚などにも効果が期待されます。

 

一般的な幹細胞の効果

  • 創傷治癒効果
  • 抗酸化作用
  • シワ改善、防止効果
  • 発毛、増毛促進効果
  • ホワイトニング効果

 

 

ジュメルにはヒト幹細胞培養液とともに、以下の7種類の植物由来幹細胞エキスが含まれています。

 

  • アルガンツリー幹細胞
  • オタネニンジン幹細胞
  • アルペンローゼ幹細胞
  • リンゴ幹細胞
  • サポナリアプミラカルス幹細胞
  • ブドウ幹細胞
  • コンフリー幹細胞

まつげの発育を促す成分4つ

ジュメルはかなり贅沢に発毛を促す成分が配合されています。キャピキシル、リデンシル、ワイドラッシュ、ピディオキシジルという4つの成分で、それぞれ、どのような効果があるか見ていきましょう。

キャピキシルは、薄毛の治療薬として有名なミノキシジルの3倍の育毛効果があるといわれているもので、ヘアケア製品によく配合されているものです。

リデンシルは、スイスの化粧品原料メーカーによって開発された育毛成分で、世界初の発毛力を持つ医薬品であるミノキシジルの2倍の育毛効果が確認さています。

ワイドラッシュは、フランスで開発され実用化された、最新のまつげ専用の成分で、ペプチドとパンテノールの作用で、まつげの育成をサポートします。

ピディオキシジルは、発毛医薬品であるミノキシジルと非常に似通った分子構造をもちながら、副作用の心配もすくないという、優れた最新の育毛成分です。

肌に潤いを与える効果がある美容成分6つ

天然ヒト型セラミド
→高い保湿効果があります。通常のセラミドと違い、人の持つセラミドに似た構造のため、保湿力がより高いとされていまう。

フラーレン
→高い保湿力があります。その美肌力はビタミンCの170倍です。

水溶性プロテオグリカン
 →保水力がヒアルロン酸よりもあると言われていて、肌のみずみずしさを保ってくれます。

馬由来プラセンタ
→アンチエイジング効果があるプラセンタの中でも、馬由来は他の動物よりもより安全性が高く、良質なものです。

ローヤルゼリーエキス
→栄養素の高いことで知られていますが、保湿性が高く美肌効果も確認されています。

ハロキシル
→目元のクマである色素沈着を改善します。フランスのゼダーマ社が開発した成分です。

まとめ

ジュメルに配合されている成分は、アイクリームとしてはとても贅沢なもので、特にこれほど多くの幹細胞が含まれているアイクリームは他に例を見ません。

それゆえ、高い効果が期待できると思います。

 

■ジュメル(jumel)の公式販売サイトはこちら■
>> 目元とまつ毛の悩みを1本でトータルケア【jumel】ジュメル (jumel) アイクリームの気になる効果は? <<

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました