ランテルノのハイドロキノンは色素沈着に効果ある?

ランテルノのハイドロキノンは色素沈着に効果ある? スキンケア

ランテルノから発売されているスキンケアクリームである「ホワイトHQクリーム」は、一部ではお肌の漂白剤とまで呼ばれているほど強力な美白作用があるため、以前は日本では意思の管理下で規制されているほどのものでした。

2001年の規制緩和により、メーカー責任で化粧品に使用されるようになり、スキンケアクリームとしていろいろな製品が商品化され、「ホワイトHQクリーム」はその中のひとつです。

そして、その漂白効果の需要な鍵を握るのがハイドロキノン。ランテルノの効果の鍵を握る物質でもあります。

ハイドロキノンの美白効果はよく知られていますが、色素沈着にも効果があるのか、それを調べてみました。

ランテルノのハイドロキノンは色素沈着に効果ある?

肌のシミや黒ずみの原因である色素沈着とは何か?

皮膚の中で、突然黒っぽくなっている部分があれば、それらはたいてい色素沈着によって、起こったものです。そうした現象は、特に脇の下や膝などに見られます。

この色素沈着のもととなっているものは、メラニン色素です。

メラニン色素は、お肌に有害な紫外線を吸収することで、お肌をまもる、大切な物質で、常に生成され、役目を終えると排出されるのをくりかえします。

この減少をお肌のターンオーバーと言いますが、このお肌のターンオーバーがうまく行かずに、メラニン色素が肌に残ってしまうと、それが、シミや黒ずみの原因となるわけです。

ハイドロキノンはメラニン色素に作用する?

このように、メラニン色素は常に生成されていて、止めることはできませんが、それが残らないようにする、残ってしまったメラニン色素を排出することができると、そもそもシミができなくなるわけです。

ハイドロキノンはそのようにメラニン色素に作用することができるのでしょうか?

ハイドロキノンのメラニン色素に対する働きは次のようなものがあります。

ハイドロキノンはメラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤であり、さらにメラニン色素を作るメラノサイトに対して細胞毒性があります。すなわち、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。医療法人社団こころ皮ふ科クリニック

メラニン色素がシミや黒ずみの原因となるのですが、そのメラニン色素が作られなくなれば、黒くなくなるというわけです。

こうしたことから、理論的にはハイドロキノンには色素沈着に一定の効果があることが確認できたかと思います。

ハイドロキノンの副作用と対策

ハイドロキノンはメラニン色素の沈着に対して一定の効果が見られますが、取り扱いに注意が必要な物質でもあります。

  • 皮膚への刺激(赤みや痛み)
  • 紫外線への耐性が弱くなる

皮膚への刺激に感しては、気づきやすいので、もし異常が見られた際に対応しやすいですが、紫外線への耐性が弱くなることに関しては、気づきにくいので事前の対策が必要です。

前で説明したように、ハイドロキノンはメラニン色素の生成をブロックしてしまいます。メラニン色素は紫外線から肌を守る役割をしているので、生成が止まってしまうと、肌が紫外線に対して無防備になってしまうのです。

そのため、ハイドロキノンを利用している際に、紫外線を浴びたことで、かえって大量の色素沈着が起きてしまうということもあります。

そうした事態を防ぐには、ハイドロキノンを利用しているときに、紫外線を浴びるような状況になった際は、日焼けクリームなどで紫外線が肌に到達しないようにする自衛が必要です。

まとめ

ハイドロキノンは色素沈着に対して、一定の効果があります。しかしながら、その使用には注意も必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました