※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

するるのおめぐ実の効果的な飲み方!間違えると効果なし?

この記事は約4分で読めます。

一刻も早く足のパンパンを改善したい、と思っている方は、するるのおめぐ実を飲む際に、同じ飲むなら、より効果的な飲み方をしたいですよね。何粒飲めばいいのか?飲むタイミングは?どのくらいの期間飲むといいのか?そんな悩みに応えるよう、効果的な飲み方を詳しく解説します。

■公式サイトはこちらをごらんください↓↓
>>するるのおめぐ実公式サイトはこちら

するるのおめぐ実の効果的な飲み方!間違えると効果なし? 3

基本的な飲み方「飲む分量」について

するるのおめぐ実の基本的な飲み方は、1日2粒から4粒ほど飲むとなっています。それを最低3ヶ月は続けることを推奨されています。

 一袋が64粒入りなので、2粒づつ飲むと3袋が必要になり、3粒づつだと5袋、4粒づつだと6袋が必要になる計算です。

 人間が一日に栄養を吸収できる量には限度があるので、たくさんのんだからといって早く効果が出るわけではないので、1日4粒以上は飲む必要はありません。

 では、飲む分量は2粒がいいのか、4粒がいいのかですが、当然、推奨される最大の分量である4粒を飲んだ方が、より早い効果を期待することができます。
 するるのおめぐみの成分を見てみても、1日4粒程度で過剰摂取で副作用が起こるような成分も見られないので、より早い効果を期待するのであれば、4粒飲むといいでしょう。

「飲むタイミング」について

 メーカーは、飲むタイミングに対しては、いつ飲んでも良いとしていて、朝夕の食事の際に飲むと実感しやすい、という紹介をしています。
 もしそうであれば、食事の前なのか、食事中なのか、食事のあとなのか、そこも気になるところだと思います。

 ずばり、食事のあとに飲むのが、より効果的です。というのも、するるのおめぐ実の成分には、乳酸菌が配合されているのですが、乳酸菌は胃酸に溶けやすい性質があります。乳酸菌が腸に届く前に胃酸で溶けてしまわないように飲む必要があります。胃酸は、空腹時に分泌する性質があるので、胃酸に溶けにくいタイミングは、食後なのです。

 裏を返すと、食前に飲むと、せっかくの有効成分が胃酸で溶けてしまい、効果を得ることができなくなることもあるということになります。

効果的な飲み方まとめ

毎日、毎食事後に、4粒づつ、三ヶ月飲み続ける

■公式サイトはこちらをごらんください↓↓
>>するるのおめぐ実公式サイトはこちら

主要成分の効果について

明日菜、とうもろこしのひげ、赤ブドウの葉を主要成分としています。それぞれが、どう、足のむくみに効果があるのでしょうか。

 するるのおめぐ実成分
ポリフェノール、カリウム、植物繊維、植物性乳酸菌、明日菜粉末、赤ブドウ葉抽出物、コーンシルクエキス、植物性乳酸菌、アラビアガム、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、テキストリン

明日菜から期待できる効果

明日菜にはポリフェノール、カルコンが多く含まれています。ポリフェノールは有名ですが、カルコンはポリフェノール系の成分で、通常のポリフェノールにプラスして、血栓が出るのを抑えたり、内臓脂肪を解消する作用があると考えられているものです。

 あしのむくみが起きる原因に食生活が原因の栄養バランスの崩れがありますが、明日菜の接種によって、栄養のバランスを改善させる効果が期待できます。

とうもろこしのひげから期待できる効果

とうもろこしのひげはカリウムが豊富です。カリウムは体内の塩分を排出するのに役立つ成分です。足のむくみはいわば、水分が溜まってしまう結果起こるものですので、カリウムによって塩分を排出させることで、水分によるむくみの解消に役立ちます。

赤ブドウの葉からきたいできる効果

赤ブドウの葉にはポリフェノールがたくさん含まれています。ポリフェノールの効果といえば、抗酸化作用で、活性酸素を無害化するために、老化予防や生活習慣病の改善を期待して用いられることが多いですが、足のむくみなどをひきおこす、血液のうっ滞を改善させるのに効果が期待できます。

するるのおめぐ実はどこで購入できる?

するるのおめぐみは、薬局やドラッグストアなどで店頭販売はしていません。購入するには、インターネットでの通信販売を利用することとなります。販売サイトですが、公式サイトを始め、Amazon、楽天市場などでも販売していますが、最安値で購入できるのは公式サイトです。

 以下、販売サイトと金額の情報をまとめました。

販売サイト価格サービス
公式サイト980円(定期購入1回目)2大プレゼント
30日間返金保証
Amazon4950円返金保証なし
楽天市場6468円返金保証なし